REN'S PREASURE LOG

音楽鑑賞・映画鑑賞などのログ

映画レビュー:LUCY / ルーシー

10%しか機能していないと言われる人間の脳。

しかしルーシーの脳のリミッターは外されてしまった

良いSFって有りそうで無いものですが、これは思わぬ拾いモノでした。面白かった!


映画『LUCY/ルーシー』予告編

ジャンル SF, アクション 1時間29分 2014 (PG12)
監督 リュック・ベッソン
主演 スカーレット・ヨハンソン, モーガン・フリーマン, チェ・ミンシク

 

ルーシーがマフィアに連れて行かれてしまうシーンに、アフリカでチーターがインパラを捕食する場面が差し込まれていたりして笑ってしまいました。監督が楽しんで作っているのがわかります。流血シーンがちょいちょいあるので、バイオレンス苦手な方は見ないほうがいいかも。脳科学や潜在意識に興味がある方にはオススメです。

 

脳が10%しか使われてないという説、私は半信半疑なんですよね。才能やセンスなど、自分が持ってるモノは必要だから持ってる、持ってないモノは必要ないから、という経験則に照らし合わせると、人の脳も必要に応じて増量してきたんだろうなと思うのです。

 

ちょっと逸れるかもしれませんが、「10%しか使われていない」といえば、脳というより、人の意識の事じゃなかろうかと思い当たります。

f:id:its-me:20190903224246j:plain

潜在意識と顕在意識

作中でルーシーは100%の意識状態に至ることで、時間や他者を操ることができるようになってしまいます。人の意識も拡大すると集合意識という大きな源に繋がると言われます。誰かの考えていることがフッと分かってしまったり、夢に友達が出てきたりするのは、意識の深いところで繋がっているから、という訳です。

 

また、ルーシーは最後には消えてしまい、人々が「どこに行ったんだ・・・」と呆然した中で「至る所にいる」と携帯電話にメッセージを送ってきます。この「至る所にいる」という発想は、分子や原子や量子の在り方に似ています。量子力学という学問の中では、量子はコチラの意識次第で態度を変えるという説がありますが、そう仮定すると、「私の意識」は皮膚の内側だけではなく、皮膚を超えた空気にも自分の意識が及んでいると言える事になります。楽しい~☆

 

 数年前に浦安のとあるホテルに行った時のこと。なぜかウキウキしてくるので何なんだろう?と思っていたら、結婚式が開かれていて、その晴れやかなムードを無意識に受け取っていたんだと合点がいきました。無意識の領域で私たちは情報を共有しているのですね。なんて事を思い出しました。瞑想をして深く深くもぐっていくと、そんな集合意識を感じることがありますが、ルーシーと違うのは、感涙してしまうほど温かい領域であるという事。

 

SFアクションなので、そんなぬるい場面は描けなかったでしょうし、そこまで描くと丹波哲郎的な何かになってしまうかもしれません(笑)。スピリチュアルというと胡散臭いけど、量子力学と言うと受け入れられるという人は多いのではないかしら。私は、スピリチュアルと量子力学は、同じモノを別角度のアプローチで見てるに過ぎないと思ってるので、本作以外にも映画インターステラーや、映画インセプションのように潜在意識を描いた作品が数多く発表される事で、自分の意識の内側に興味を持つ人口が増えるとすれば、これも進化のひとつなんだろうなと思います。



Amazonプライムで無料視聴⇒ LUCY / ルーシー

 

 

 

 

映画レビュー:アルキメデスの大戦

評判がいいので観てきました。

開始直後のVFXの迫力は凄かった。あまりにリアルで、感情が持って行かれてしまい、「私の息子達を無駄死にさせた政府を許さない」とか思い始めてました(笑)。

 役者さんたちの演技もよかった。菅田将暉さんの情熱的な演技には好感が持てます。また、脇を固める俳優陣の間の取り方が最高でした。

f:id:its-me:20190903101414j:plain

アルキメデスの大戦

 

続きを読む

映画レビュー:命みじかし、恋せよ乙女

樹木希林さんが大きく写ったポスターに惹かれました。少し待っていればネットで安価で映画を観られるご時世だけど、好きな役者さん監督さんの作品にはちゃんと儲かって欲しいという小さな願いがあって映画館に足を運びました。

 

そんな小さな願いを踏みにじられたような気がしたこの作品、どう考えても詐欺だよね?最後の10~15分しか樹木希林さん出てこないんだよ?(笑)。開始1時間くらいで思ったのは、『私が見た樹木希林さんだと思ったポスターは勘違いで、主人公の母役のおばあちゃんだったのかもしれない・・・また私ったらポカやっちゃった。とりあえず帰ろうかな・・・』

 

平日の映画館なのに珍しく5割くらい席が埋まってる。みんな樹木希林さんを見に来たんだろうか。これは残念なパターンだったね、みんな(涙)

 

f:id:its-me:20190822001338j:plain

命みじかし、恋せよ乙女
続きを読む

映画レビュー:沈黙ーサイレンスー

 

スコセッシ監督の「沈黙」。すごく興味があったのだけど、予告映像が重かったから『迫害ヒドーイ』『日本て野蛮よねー』的な勧善懲悪映画なのかと敬遠していましたがAmazonプライムで見つけたので観てみることにしました。

 

沈黙 -サイレンス-(字幕版)

 殉教者ロドリゲスを軸に物語が展開されます。長崎奉行は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々― 守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは

 

続きを読む

映画レビュー:Men In Black インターナショナル

このシリーズ、大好きだったけど前作で終わっちゃってすごく残念だったので、4作目公開を知ったときはとっても嬉しかったな。でも、エージェントKとエージェントJじゃないMen In Blackってどうなん?とちょっと心配でした。

 

私はキャスト含めて作品を愛してるのに、アメリカってメインキャスト交代って平気でやってのける神経が分からない(笑)。今日、やっと劇場で観てきましたが、期待を裏切らない作品になっていてとても楽しめました。これならアリかな。なんたって、雷神THOR様ですから!

 

アベンジャーズの雷神THORとして不動の知名度を得た感のあるクリス・ヘムズワースさんと、相手役のテッサ・トンプソンさんは、「マイティソーバトルロイヤル」コンビなので違和感もなく、脇はお馴染みエマ・トンプソンのエージェントOや、お馴染みエイリアン達に会えて、懐かしさでいっぱいになりました(大げさ)

 

まだ公開中なので絶賛ネタバレ配慮中につき、感想は「続きを読む」からどうぞ

 

続きを読む

もしベートーベンが生きてたら

クラシックはそんなに明るくないけれど、情熱的でドラマティックなベートーべンが大好きです。

Beethoven - Moonlight Sonata

 第一楽章は静かに照らす月の光のよう。第2楽章(6:00~)は月明かりのもと逢瀬を楽しむような軽やかさ。そして第3楽章(8:05~)はめっちゃ激しい!ふたりに何があった!(笑)

 

嬉しさも悲しさも、余すことなく表現しきるような極端で仰々しいメロディに共鳴してしまいます。知人の中には「大げさ」で「わざとらしい」から苦手って人もいて、私は逆に何を表現したいのか分かりにくい単調な曲は苦手(笑)。ドコを鑑賞すればいいの?ってなってしまいます。人の感性って様々ありますね。

 

* * * * * * * * * * * * 

 

もしベートーべンがまだ生きてたら、こんな演奏を聴かせてくれるんじゃないかな、というお爺ちゃん。お爺ちゃんの手習いピアノかな~なんて油断して見てたら、口から心臓がズルっと飛び出しそうになりました。あぶなっ!泣かされるトコだった~!

  

椅子からぴょんと飛び上がっちゃったりするのもエモーショナル!

 

この お爺ちゃ Harry Völkerさん、ものすごい量の「アドリブで弾いてみた」をアップしてるのだけど、すべてがGORGEOUS!楽譜にぐぐっと寄っていく老眼っぷりに萌え(枯れ専デスw)、椅子からぴょんと飛んでしまうエモーショナルっぷりに萌え、と私的に萌え萌えなチャンネルのご紹介でした。

  

ちなみにホイットニーverはコチラ。もともとが切ない曲ではあります。

 

※ オリジナルは1977年度公開映画「マイソング」で歌われた歌のようです。詳細

※ カバーで有名なのはWestlifeバージョンでしょうか

※ 枯れ専的にはKenny Rogers バージョンが好みです

 

 

悲 愴  ー ベートーベン

なんて優しい「悲愴」なんでしょう。こんな感性・・・ずっきゅん射抜かれちゃいます。

 8

映画レビュー:キャプテンマーベル

アクアマンの上映を逃してしまったので、キャプテンマーベルはやってるうちに!と観てきました。

タイトルコールは、自作品に必ずワンシーン出演してしまうお茶目なスタン・リー監督の追悼になっているので、遅刻厳禁です。

 

3週間後にアベンジャーズシリーズの完結編が上映になるというタイミング。ファンとしては、「どうにか全滅させないで」と祈るような時間を過ごしているのですが、キャプテンマーベルは救世主感を存分に醸し出してくれました。てか、醸し出しすぎた?理不尽すぎる強さ。最初からこの人を出してくればこんな事にならなかったんじゃ?っていう・・・・・・(爆)

 

ネコのグースは重要キャスト

 

肝は、女性であるキャプテンマーベル。非力で無能と言われ続けて「両手を縛られて戦ってきた」。でも、両手を縛っていたのは自分だった、記憶を取り戻し潜在意識と繋がったとき、眠っていたパワーが開花する!というストーリー。

 

本当の自分を見つける「自分ストーリー」とも言えるし、女性が目覚めるストーリーとも言えるかな。また、戦争の本質を暗示させていたりと、大人でも楽しめる作品です。

 

 

 おいしすぎるフューリー 

 

作品は1995年が舞台になっていて、強面フューリーもCGによって若返っています。サイドストーリー的に展開していく彼の意外な三枚目っぷりが、全体的シリアスな雰囲気を和らげてくれています。若い頃を描くっていうのは、ずっと続いていくシリーズ物の醍醐味だよねぇ~。本編より堪能したかも(笑)

 

このきょとんとしたおちょぼ口(爆笑)。アイパッチの謎は癒されますw

 

 

動物に赤ちゃん言葉で話しかけるのって世界共通なんだね・・・(爆笑)。フューリーの人情深いところが伝わるシーンでした。ザラッザラのど擦れ声でマーヴェレッツを歌うサミュエルLジャクソンもレアだよねぇ~ホント楽しかった。

 

 

 

 

 音楽といえば 

 

サントラはパイナー・トプラクさん?よく分からないけど、アメリカの映画らしく豪華なオーケストラでどんどんがんがん盛り上がっていきます。あの爆音の壮大オーケストラの中にいると「あー映画館てサイコー」と思うワタクシ。でもなぜか、戦闘シーンでロックに切り替わります。この切り替わり方がぶっきらぼうで、チグハグ感があったかな。ロックを入れていく意味もあるんだろうけど、「へ?なんで?」って感じになりました。

 

そういえば、マイティソーバトルロイヤルでも、戦闘シーンでツェッペリンが流れてきますが、これがもーサイコーにかっこよかった!!コッチはサイコーで、アレは「へ?」なのは何故なんだ(笑)。やっぱり作ってるヒトの オタク度、いやサイコ度、いや マニア度?(褒めてますw)。ひとくちに戦闘シーンといっても、ただ強ければいいっていうんじゃない深さがあるんだね~。

 

全員かっこいい!役どころは全部活かされてた!

スカージが良心に目覚めるトコもいいシーンだった!

 

 

 ヴィランはなんとジュード・ロウ 

 

ロバート・ダウニーJrと、シャーロックホームズ繋がりなのかな?意外なキャスティングでした。

ドクターストレンジのベネディクト・カンバーバッチさんとか、英国俳優独特の「言葉と真意が違いそう」っていう雰囲気が、ヴィランとして奏功しています。

 

個人的には、「神がつくりたもうた最高傑作はジュード・ロウ」だと思ってるので汚れ役より麗しい姿を鑑賞していたい(笑)。

 

← フォトショ加工がまだ一般的じゃなかった当時ですらこの美貌。もうヒト科にすら見えない(笑)。サイボーグ役(AI)ははまり役だった!

 

 

 

 

 ヒロインはルームの女優さん 

 

ルームという作品で主演女優賞を取ったブリー・ラーソンさん。強い女性というイメージを買われたんだろうか。ルームはこのあいだ鑑賞してたはず なんだけど、衣装が違うと全然ぴんとこなかったー!

アベンジャーズファミリーの女性キャストって、もちろん強いんだけど、チャーミングな部分も忘れてなくて、オコエ隊長ですら「ステキ♡」となるんだけど、このブリー・ラーソンさんには特記できるものがない。ブロンド女性が皆同じに見える私のせいか。脇の友達役ラッシャーナ・リンチさんはよかったなぁ。

あと、ジェンマ・チャンさんは、適役にしては美しすぎて攻撃シーンも見とれてしまう色気。

 

ジェンマ・チャンさん

 

 

 ポケベル 

前作インフィニティ・ウォーのラスト、もう絶体絶命!ってシーンで、フューリーが救援要請をしたポケベルは、この時代に端を発していたんだね。割と重要なポジションのポケベル、伏線回収も楽しいです。

 おまけシーン 

エンドロールの最後にワンシーンあります。館内の電気がつくまで座ってるのが吉。

 

 

ジンジャーブレッドマン   クッキー   ピンクドーナツ   ハンバーガー   ピンクマカロン   ドーナツ   バースデーケーキ

 

 

久しぶりの映画館、楽しかった!幕間のCMすら新鮮だった(笑 テレビ捨てちゃった故)!

夜桜も見て、ほどよく疲労した帰り道。

なんだかゆっくり星を見たくなって、ルーフを開けてエンジンを切りました。

ひんやりとした空気。夜空を仰ぐと大きなヒシャク、北斗七星。

柄の部分をずーーと伸ばしていったところでキラキラと煌めく星は、アルクトゥルス

(冬に行った鞍馬寺のご本尊サナトクマラはアルクトゥルス星人と言われてます)

もっと伸ばしていくとスピカ。春の大曲線です。

幸せな夜だなぁ 照れ